防犯カメラと監視カメラ

防犯カメラと監視カメラの違い

・違いは『使用目的』

犯カメラと監視カメラの違いは、使用目的です。

防犯カメラは犯罪を防止する為に、一軒家やマンション、スーパーやオフィスの入口など、目立ちやすい場所に設置して、犯罪を防ぐために使用します

監視カメラは事件が起きた際に、事件の詳細な映像を取得する目的で設置するカメラです。また、監視カメラは犯罪が起きた時の情報収集の為だけではなく、地震などの自然災害や交通測量、河やダムの水量測定の監視にも使えます。

・防犯カメラと監視カメラの設置場所について

防犯カメラ

・防犯カメラは犯罪を防ぐためのカメラです。そのため、防犯カメラの設置場所は目立つ場所に設置することを、お勧めします。

犯罪を起こそうとする人は必ず周りの人を意識し、見つからないように注意します。その時犯人が防犯カメラに気づいたらどうでしょうか?犯人は、犯行を思いとどまるはずです。

監視カメラ

・監視カメラは監視・記録する為のカメラです。そのため、サイズは小さめに作られており、どこにあるか気づきにくい場所に設置している場合がほとんどです。

防犯の抑止力にはなりませんが、事件解決の一翼を担う重要な存在です。事件が発生した際に証拠映像を撮影する必要があるため、監視カメラは『ダミーカメラ』は存在しません。